資料請求

マネージド専用サーバー

SSL

SSL 暗号化通信

個人情報を取り扱う多くのサイトでは悪意のある第三者からのウィルスや攻撃をうけ、個人情報の流出やフィッシング詐欺などの被害があとを絶ちません。こうした被害を事前に防ぐために用いられる SSL(Secure Socket Layer)は、データ通信を暗号化することで、データの流出や改ざんを防ぎます。

SSL サーバー証明書

SSL 証明書を発行する認証局がドメインの所有者を証明する「サーバー証明書」を用いることで、SSL サーバー証明書が導入されたサイトのユーザーは、そのウェブサイトが「情報の送信先」や「送信する情報が暗号化されること」を確認することができ、安心して利用することができます。
また、企業認証は架空の企業でなく企業の実在を証明するサーバー証明書であり、ウェブサイトを利用するユーザーにさらなる安心感を与えます。

独自 SSL サーバー証明書
共用 SSL
  • 共用 SSL
    共用 SSL サーバー証明書は、CPI 指定のドメインにて暗号化によるウェブ通信をご利用いただけるサービスです。お申し込みは不要となり、すぐにご利用いただけます。
証明書更新の受付可能時期
  • CPI SSLサーバー証明書、セコム SSL 証明書 for Web SR3.0
    有効期限の60日前から申請可能。
    CPISSL:証明書発行は有効期限当月の初旬。
    セコム :審査の最後に実施する電話認証は現在の証明書有効期限30日前から実施、電話認証完了後に証明書を発行。
  • デジサート SSLサーバー証明書、ジオトラストSSLサーバー証明書
    有効期限の30日前から申請可能。
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.

ISMS

SSLとは?