SmartRelease(スマートリリース)

  • 標準装備
SmartRelease

「SmartRelease」とは、CPIが独自に開発した「アップロード」と「バックアップ」がワンクリックで可能になるサーバーツールです。Internet Explorerなど各種Webブラウザーから「SmartRelease」コントロールパネルにアクセスできるので、利用環境を問いません。
「SmartRelease」は、アップロードミスが多い、ファイルが先祖返りする、バックアップの取得が面倒…といった、現在のWeb制作にまつわるこれらの諸問題を解決し、Web制作者が制作に注力できるようなサーバー環境を実現します。

SmartRelease特設サイトはこちら

こんな課題・ニーズにお応えします

Web制作にまつわる諸問題

テストサイト構築に時間と費用がかかる

公開環境でプログラムが動作しない

ファイルのアップロード漏れが起こる

バックアップの取得が面倒

すべてSmartReleaseで解決!

SmartReleaseのしくみ

「テストサーバー」と「公開サーバー」を標準装備し、さらに「バックアップサーバー」が常時テスト、公開、DBのバックアップを取得しています。
テストサーバーから公開サーバーへのファイルの置き換えを「リリース」、公開サーバーからテストサーバーへのファイルの置き換えを「転送」と呼び、それぞれワンクリックで置き換え完了します。

SmartReleaseのしくみ

アップロードに関する問題を解決

サーバー設定と同時にテストサイトも設定されます

ビジネス スタンダードでは、サーバー設定と同時にテストサイトも設定されます。
開発環境としてのテストサイトを用意するコストを削減できるだけでなく、テストサイトと公開サイト個別にシステムを用意したり、カスタマイズする必要がありません。

テスト・公開サイトの環境が同じだから、ワンクリックでリリース可能

テストサーバー、公開サーバーはPHPの設定、パス等すべて同一環境です。「SmartRelease」を用いてテストサイトと公開サイトをボタンをクリックするだけで同期できるので、公開サイトでプログラムが動作しないなどといったことも防げます。

バックアップに関する問題を解決

自動・手動でバックアップを取得

「SmartRelease」は自動でWeb領域(テスト、公開)、データベース領域のバックアップを取得しますので、取得漏れを防ぎます。バックアップファイルは「SmartRelease」コントロールパネルから確認できるので、バックアップファイル管理も不要になります。

Webブラウザからすぐにリストアができるので、ミスがあっても安心

さらに、ファイルをテストサイトから公開サイトへ置き換える場合、または公開サイトからテストサイトへ置き換える場合にも都度バックアップを取得しますので、アップロード後にミスを発見しても、「SmartRelease」コントロールパネルからすぐにリストアできます。

SmartReleaseを使えば、改修作業がラクになります。

大幅な改修や、CMSにカスタマイズをくわえる場合など、公開サーバーと同一環境のテストサーバーで作業をおこなえます。テストサーバーで作業が完了したら、SmartReleaseを使って公開サーバーへボタンひとつでファイルを移行できます。データベースは共通のため、ファイルの移行だけでテストサイトの環境がそのまま公開サイトへ置き換わります。
万が一ミスがあったとしても、バックアップデータから切り戻しができるので安心です。

SmartReleaseを使えば、改修作業がラクになります。

対象プラン

  • チェックマーク:標準装備
  • ─:非対応
シェアードプラン
主契約ドメイン マルチドメイン
チェックマーク チェックマーク
操作マニュアルはサポートサイトでご確認ください。