資料請求

root権限付 専用サーバー

ウイルス & スパムチェック ASP

ウイルスチェック

ウイルスチェックASPサービスでは、送受信両方のメールのウイルスチェックをおこないます。ウイルス定義ファイルの更新等の設定は自動でおこなわれますので、メンテナンス不要でご利用になれます。
特長

ウイルスパターンファイルを 2時間毎に自動更新することで、常に最新のパターンファイルを適用でき、早期対応が可能です。受信時にウイルスを発見した場合、ウイルスの駆除(駆除が出来なかった場合メールごと削除)を行うと同時に、送信者へその旨が通知されます。送信時にウイルスを発見した場合、メールを配送せず、送信者へその旨が通知されます。

専用の管理画面では下記の管理作業がおこなえます。

  • 登録情報の確認
  • 登録メールアドレスの変更
仕様
  • ウイルスチェックASPサービスは、送受信両方のメールを対象とします。
  • メールの最大メッセージサイズは、1通あたり最大20MBとなります。
  • 複数の圧縮フォーマットへのスキャンに対応しています。スキャン可能な圧縮ファイルは以下です。
    .zip  .cab  .tar  .gz  .lzh  .arj

スパムチェック

スパムチェックサービスでは、メール送信の挙動に基づいてスパム判定をおこなう、グレイリスティング方式をベースにスパムメールの除去をおこないます。
また、独自に収集したスパムメールデータベースでの照合で、迷惑メール対策をおこなうことが可能です。
特長

専用の管理画面では下記の管理作業がおこなえます。

  • 登録情報の確認
  • フィルタリング対象メールアドレスの確認、追加/削除
  • フィルタリングレベルの変更
  • ブラックリスト・ホワイトリストの登録※
  • 統計レポートの確認
  • ※ホワイトリスト:登録ドメインからのメールは検査せず、そのまま通過させます。
  • ※ブラックリスト:登録ドメインからのメールにはエラーコードを返し、メールは受け付けません。
ウイルス & スパムチェックASP共通仕様

本サービスは登録形式に「完全登録モード」と「選択登録モード」があります。

  • 完全登録モード:
    本サービスにアカウント登録されたもののみがASPサーバーでウイルスチェックを受け、お客さまのサーバーに配信されます。アカウント登録されていないメールアドレスに対してのメールはエラーが返され、お客さまのサーバーへ到達しません。
  • 選択登録モード:
    本サービスにアカウント登録されていないメールアドレスへのメールについては、ASPサーバーでウイルスチェックはおこなわずそのままお客さまのサーバーへ配信します。

料金・対象プラン

◎:無料  ●:標準  △:有料オプション  −:非対応

物理専用サーバー CHP-21S CHP-22S CHP-23S
ウイルス & スパムチェックASP
初期費用 37,400円(税込)
月額費用 12ヶ月ご契約 2,640円(税込)
1ヶ月ご契約 3,300円(税込)
仮想専用サーバー CHV-01 CHV-02 CHV-03
ウイルス & スパムチェックASP
初期費用 37,400円(税込)
月額費用 12ヶ月ご契約 2,640円(税込)
1ヶ月ご契約 3,300円(税込)
  1. 初期費用は1ドメインあたり、月額費用は10アカウントあたりの費用となります。
  2. 101〜500アカウントまでは50アカウント区切りでのご契約となります。
  3. 本サービス適用のため、適用対象とするメールアドレスの設定をお客さまにておこなう必要があります。
  4. 本サービスのご利用にあたって、受信用にMXレコードの設定、送信用にお客さまの各ご利用端末のメールソフト上で SMTP-AUTHの設定をおこなう必要があります。
  5. DNSでの名前解決がおこなえる状態で本サービスの機能が動作します。
  6. ウイルスチェックサービスは、100%ウイルスメール削除を保証するものではなく、これによって発生するいかなる損害に対しても一切弊社では責任を負いません。
  7. ウイルスチェックサービスは、パスワードなどで暗号化されたメールや添付ファイルは削除対象となりません。PC用ウイルスチェックソフトの併用を推奨します。
  8. スパムチェックサービスは、100%の迷惑メール除去を保証するものではありません。
  9. スパムチェックサービスは、初回受信時のみ、迷惑メール判定の仕組み上、数秒から数十分程度の配信遅延が発生します。一度受信した後は、同一送信者に対しての遅延は発生しません。
    この判定により、信頼性の確認された送信者からのメールに遅延は発生しません。ただし、最終の受信より一定期間が経過した送信者に対しては、次回の受信時に再度迷惑メール判定をおこないます。

    初回受信の配信遅延について:
    ホワイトリストへ登録されたメールアドレス、ドメインに対しては、遅延は発生しません。サービス導入前の受信歴ではなく、導入後に受信する全送信者が判定対象となります。
    再送の時間は送信元メールサーバーの設定に依存します。一般的に数秒から数十分程度となりますが、稀に数時間を要する場合、または再送が設定されていない場合もございます。
    送信者が同じ場合でも、送信メールサーバー、送信先アドレスが異なるメールに対しては、再度迷惑メール判定をおこないます。
  10. ご契約後の追加および解約が可能です。
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.

ISMS

SSLとは?