資料請求

root権限付 専用サーバー

セキュリティアップデート

サーバーを安全に運用するためには、外部の脅威に対して常に最新のセキュリティレベルを維持する保守・メンテナンスが必要となります。
専用サーバー ハイブリッドプランのセキュリティアップデートサービスでは、こうした保守・メンテナンスにかかるコストを軽減するため、OSおよびミドルウェアのセキュリティアップデートを代行いたします。

仕様

  • 本サービスは弊社指定の作業用ユーザーにて「yum」を使用し、実施いたします。
  • 本サービスはサーバーの停止を伴う場合があるため、実施日の調整をさせていただきます。

料金・対象プラン

物理専用サーバー CHP-21S CHP-22S CHP-23S
セキュリティアップデート
初期費用 10,000円(税別)
月額費用 15,000円(税別)
仮想専用サーバー CHV-01 CHV-02 CHV-03
セキュリティアップデート
初期費用 10,000円(税別)
月額費用 15,000円(税別)
  1. 専用サーバーハイブリッドプラン(物理専用サーバー/仮想専用サーバー)は root 権限(管理者権限)をお客さまへお渡しするサービスのため、作業用アカウントの作成およびsudoの設定が必要となります。ご契約後の追加の場合、お客さまにてご対応ください。
  2. CentOS8、Red Hat Enterprise Linux8ではご利用いただけません。
  3. カーネルおよびOSベンダーが公開するソフトウェアパッケージからインストールしたミドルウェアが本サービスの対象となります。お客さまがソースコードからインストールしたミドルウェアはサービス対象外です。
  4. アップデートすることによって生じる如何なる問題についても当社はその責を負いません。
  5. ご契約後の追加は可能ですが、解約できません。
  6. CHVでCentOS7の運用代行をご希望の場合、弊社までお問い合わせください。
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.