資料請求

root権限付 専用サーバー

仮想サーバー用ロードバランサー

仮想サーバー用ロードバランサーは、サーバーへのアクセスを一元管理し、複数のサーバーに接続を振り分け、負荷を分散します。
また、万が一の障害時には稼働中の別サーバーへアクセスを割り当てることができるため、サービス断を回避します。

仮想サーバー用ロードバランサー ロードバランサーのしくみと特長

仮想サーバー用 ロードバランサーについて
1台を複数のユーザーで利用する共用型のロードバランサーです。トランスポート層の情報で分散処理をおこないます。
TCP/IPの情報で判断するため分散性能が高く、同一IPアドレスからのリクエストを同じサーバーに転送するなど、TCP/IPレベルでのセッション維持機能を利用することができます。
セッションを維持
同一クライアントからの要求を一定の時間継続して同一サーバーにセッションを振り分ける、セッション維持機能を搭載しています。同一サーバーへの接続が必要なコンテンツに対しても、送信元IPで接続管理をおこなうことにより負荷分散が可能になります。
アルゴリズム
以下の負荷分散アルゴリズムを採用しています。
  • ラウンドロビン
    アプリケーションサーバーに対して通信中のセッション数と関係なく順番にTCPセッションを振り分ける
対応プロトコル
TCP:HTTP, HTTPS
障害検知
負荷分散対象サーバーのアプリケーションに対してヘルスチェックをおこない、サービスが停止したサーバーを動的に負荷分散先から切り離します。サーバーの障害が復旧した場合には自動的に負荷分散の対象に追加します。

仕様

◎:無料  ●:標準  △:有料オプション  −:非対応

オプション タイプ レイヤー アルゴリズム 対応プロトコル 最大VIP
仮想サーバー用
ロードバランサー
共用 L4 ラウンドロビン HTTP
HTTPS
1VIP

料金・対象プラン

仮想サーバー用ロードバランサー

◎:無料  ●:標準  △:有料オプション  −:非対応

仮想専用サーバー CHV01 CHV02 CHV03
仮想サーバー用ロードバランサー
初期費用 33,000円(税込)
月額費用 13,200円(税込)
リアルIP追加 月額費用 2,640円(税込)
  1. 本サービスのご利用には、サーバー2台以上のご契約が必要です。
  2. 月額費用内で2台(リアルIP)まで分散可能です。3台目移行はオプションの「仮想サーバー用ロードバランサー リアルIP追加」費用が発生します。
  3. 標準VIPは1個となります。
  4. ご契約後の追加および解約が可能です。
ロードバランサー 設定変更費
設定変更費 5,500円(税込)
  1. ご契約後にIPアドレスの変更、追加などをおこなわれる場合、設定変更費をいただきます。変更、追加をおこなうルールやIPアドレスの数にかかわらず、一度のご依頼について一律で上記作業費用が発生します。
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

「私たちがサービスに込める想い」ビジネスに、より深く集中していただくために、私たちは一番静かなサービスであり続けます

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.

ISMS

SSLとは?