資料請求

root権限付 専用サーバー

仮想サーバー用ファイアウォール

メモリ
仮想サーバー用ファイアウォールは、1台を複数のユーザーで利用する共用型のファイアウォールです。
ファイアウォールを利用することで、外部からの不正なアクセスからデータを守り、必要な通信のみ通過させ、不要な通信を遮断することができます。データやプログラムの盗み見、改ざん等が行われるのを防ぎます。
※グローバルIPアドレスごとにポリシーの設定が可能です。
※設定可能なポートに限りがあります。「設定可能ポート一覧」表を参照ください。

ファイアウォールのしくみ

セキュリティポリシーの設定 / 変更
高度な知識を必要とするファイアウォールの構築や、導入後の稼動監視・運用、セキュリティポリシーの変更まですべて CPI が対応します。

設定可能なサービスポート一覧

プロトコル サービス ポート番号
TCP FTP 21
TCP SSH 22
TCP メール(SMTP) 25
TCP/UDP DNS 53
TCP メール(SMTPS) 465
TCP メール(Submission) 587
TCP メール(POP3) 110
TCP メール(POP3S) 995
TCP メール(IMAP) 143
TCP メール(IMAPS) 993
TCP ウェブ(HTTP) 80
TCP ウェブ(HTTPS) 443
ICMP echo Ping

料金・対象プラン

◎:無料  ●:標準  △:有料オプション  −:非対応

仮想専用サーバー CHV01 CHV02 CHV03
仮想サーバー用ファイアウォール
初期費用 16,500円(税込)
月額費用 5,500円(税込)
IP追加 月額費用 1,760円(税込)
  1. 7IP以上利用する場合は、別途オプション「仮想サーバー用ファイアウォール 1IP追加」をお申し込みいただく必要があります。
  2. ご契約後の追加および解約が可能です。

ファイアウォール ルール変更費

ルール変更費 5,500円(税込)
  1. ご契約後にルールやIPアドレスの変更、追加などを行われる場合、ルール変更費をいただきます。 変更、追加をおこなうルールやIPアドレスの数にかかわらず、一度のご依頼について一律で上記作業費が発生します。
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.

ISMS

SSLとは?