資料請求

マネージド専用サーバー

セコム パスポートfor Web SR3.0

セコム パスポート for WebSR3.0
ウェブサイト運営企業とホームページ利用者間のデータ通信を暗号化する機能と「その企業・組織の公開しているホームページが確実に存在していること」をセコムトラストシステムズが審査・確認し、実在を証明します。
また、PCサイトはもちろん、全キャリアの携帯電話に対応しているので、携帯サイトの情報漏えい対策にも最適です。
実在証明書 あり
取得可能区分 法人・個人事業主
ご利用可能コモンネーム ドメイン名 または www.ドメイン名 のどちらか片方のみ

取得資格・必要書類・お申し込み方法

取得資格
  • 法人、個人事業主
必要書類
  • 法人
    • 東京商工リサーチ (TSR) コードを持っていれば、原則書類の提出は不要です。
      東京商工リサーチコードを持っていない場合は、印鑑証明書(3ヶ月以内に取得したもの)等の提出が必要となります。
  • 個人事業主
    • 印鑑証明書(3ヶ月以内に取得したもの)、個人事業主であることを証明する書類(開業開始届け等)が必要となります。
お申し込み方法
  • メールを使用した本人確認をおこないます。
  • お申し込みの際は、コントロールパネルにて、admin@ ※1 等のメールアドレスを作成してください。
  • CPIでの申し込み代行作業が完了すると、お客さまにセコムトラストシステムズ株式会社より本人確認のメールが送信されます。メール内のURLをクリックし、表示された内容の確認をおこなってください。確認完了後、SSLが発行されますので、CPIにてサーバーへSSLの設定をおこないます。
  • ※1 admin@、administrator@、hostmaster@、postmaster@、webmaster@のいずれかをメールアカウントとして作成してください。

料金・対象プラン

●:標準  △:有料オプション

CHM-21Z CHM-22Z CHM-23Z バーチャル
ドメイン
初年度
88,000円(税込)
初年度内訳
申請費 60,500円(税込)
取得代行および設定費用 27,500円(税込)
更新費(年単位)
88,000円(税込)
更新費内訳
更新費 60,500円(税込)
取得代行および設定費用 27,500円(税込)
  1. SSLサーバー証明書はサーバー内に生成されます。このため、他社で運用されていたSSLサーバー証明書およびお客さま自身で取得したSSLサーバー証明書はCPIでご利用になれません。
  2. 各種SSLサーバー証明書取得後、ご契約者名変更などのご登録情報変更はSSLサーバー証明書の再発行の費用が必要になります。
  3. SSLサーバー証明書の設定についてはお支払い確認後の設定開始となります。設定開始日および設定希望日についての指定はできません。
  4. SSLサーバー証明書の有効期限は発行日より365日です。サーバーの契約期間とは異なります。
  5. 日本語ドメインではSSLサーバー証明書をご利用いただくことができません。
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.

ISMS

SSLとは?