資料請求

マネージド専用サーバー

共用SSL

共用SSLサーバー証明書は、CPI指定のドメインにて暗号化によるウェブ通信をご利用いただけるサービスです。

仕様

アクセス用URLはCPIドメインとお申し込みドメイン名を一部変換した形式から作成します。

アクセス用 URL

アクセス用 URL

https://{お客さまドメイン名を一部変換}.cpi-common.jp

変換例

  • お申し込みドメイン example.com の場合
    https://ssl-example-com.cpi-common.jp
  • お申し込みドメイン test-example.com の場合
    https://ssl-test--example-com.cpi-common.jp

アクセス用URLは対象ドメインのコントロールパネルにてご確認いただけます。

料金・対象プラン

◎:無料  ●:標準  △:有料オプション  −:非対応

  CHM-21Z CHM-22Z CHM-23Z バーチャル
ドメイン
共用SSL
  1. お客さまドメイン名より変換された部分が63文字を超える場合、本機能はご利用いただけません。
  2. 独自ドメインでのSSLサーバー証明書をご希望の場合 こちら をご覧ください。
  3. ご利用方法に関しましては 操作マニュアル をご覧ください。

共用SSLと独自SSL「SSLサーバー証明書」の違い

  独自SSL 共用SSL
バーチャルドメイン
(IPベース)
バーチャルドメイン
(ネームベース)
表示されるURL お客さまの独自ドメイン名 当社指定の
ドメイン名
対応ブラウザ
様々なブラウザやフィーチャーフォンに対応
※SSL サーバー証明書の種類によっては一部フィーチャーフォン非対応

SNI対応ブラウザ

  • SNI対応ブラウザ
  • フィーチャーフォン非対応
ドメインの
実在認証

※SSLサーバー証明書の種類によっては非認証
×
サイトシールの
提供
×
取得・更新
手続き
必要 不要
SSL設定作業 不要
SSL所有者 お客さま 当社

SNI対応ブラウザについて

SNI SSLおよび共用SSLは一部ブラウザには対応しておりません。
下記のブラウザではご利用いただけます。

  • Internet Explorer7以降 ※Windows XPは非対応です
  • Safari 3.0以降
  • Mozilla Firefox 2.0以降
  • Google Chrome 6以降
  • Android 3.0 (Honeycomb) 以降
  • Windows Phone
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.

ISMS

SSLとは?