資料請求

マネージド専用サーバー

コントロールパネルの二段階認証

コントロールパネルへのログイン時、通常のパスワード認証に加え、ワンタイムパスワードの入力が必要な認証を設けることで、より安全性を強化したログイン認証を設定することが可能です。

概要

二段階認証を有効化すると、コントロールパネルへのログインに必要なパスワード認証に加え、ログインのたびに異なるワンタイムパスワードを入力する必要があります。一度ログインに使用したワンタイムパスワードは無効になるため、万が一パスワードが他者に知られた場合でも、不正なログインを防止できます。

「コントロールパネルのログインIP制限」と合わせて、よりセキュアに。

コントロールパネルの二段階認証は、ログインIP制限と組み合わせて利用することができます。
コントロールパネルへのログインを特定の事業所からのみ許可することに加え、通常のパスワード認証にワンタイムパスワードの入力が必須となる認証を有効化することで、不正ログインに対する強固な安全性を確保することができます。

料金・対象プラン

◎:無料  ●:標準  △:有料オプション  −:非対応

  CHM-21Z CHM-22Z CHM-23Z バーチャル
ドメイン
コントロールパネルの二段階認証
  1. ご利用方法に関しては 操作マニュアル をご覧ください。
お気軽にご相談ください!専任担当が最適な構成を
ご提案します
  • 「マネージド専用サーバーCHM-Z」WAF初期費用無料キャンペーン実施中 2021年3月31日(水)まで
  • CPIのビジネスレンタルサーバー 今後のサービス強化予定
  • 専任のスタッフがサポートします サーバー移転のご案内
  • 大改善!劇的Webリニューアル CPI×ウェブライダー

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.