資料請求

SLA(品質保証制度)サーバーの稼働率100%を保証いたします。

CPIの提供するレンタルサーバーでは万が一、サーバー停止が発生し、月間のサーバー稼働率が100%未満の場合、弊社返金基準に則りサーバー費用を返金いたします。

CPIの運用体制

CPIはお客さまのサーバー品質を維持するため24時間365日の有人監視とデータセンターでの二重のサーバー運用監視体制を整えております。
サーバーの異変をいち早く検知し、障害発生時にも迅速な対応が可能です。

万全の運用監視体制により快適なサーバー環境をご提供いたします。

SLA対象について

wwwサービス・メールサービスに対して、設定された稼働率保証値を基準としてこれを下回った場合に、月額より算出される返金額を対象月の翌月末に返金します。返金をご希望の場合、お客さまからのご申請をいただく必要がございます。

対象サービス ・シェアードプラン*1
・マネージドプラン
・ストアカートプラン
・カスタマイズエンジン
・CloudCore Hybrid(専用サーバー、Linux系OS)
・CloudCore Hybrid(専用サーバー、Windows系OS)
項目 wwwサービス、及びメールサービスが
完全に利用不能な場合
ICMPを利用しアクセス不能な場合

RDPを利用したアクセスが不能な場合

基準値 サーバー稼働率100%
返金額 1)99.99%〜100%未満    5%
2)99.90%〜99.99%未満    10%
3)97.99%〜99.90%未満    25%
4)90.00%〜97.99%未満  50%
5)90.0%未満    100%
※月額利用料を100%とした場合
対象サービス ・ハイブリッドプラン(物理専用サーバー) ・ハイブリッドプラン(仮想専用サーバー)
・CloudCore Hybrid(クラウドサーバー)
・CloudCore VPS
項目 IPMIへのhttpsアクセスが不能な場合

ホストOSへのICMPを利用したアクセスが不能な場合

基準値 サーバー稼働率100%
返金額 1)99.99%〜100%未満    5%
2)99.90%〜99.99%未満    10%
3)97.99%〜99.90%未満    25%
4)90.00%〜97.99%未満  50%
5)90.0%未満    100%
※月額利用料を100%とした場合

*1 シェアードプランACEシリーズのSLA(品質保証制度)の対象は、主契約のウェブサーバーのみとし、メールサーバーおよびマルチドメインを搭載したサーバーは対象外となります。

稼働率とは
稼働率=(月間総稼働時間(分)−累計障害時間(分))÷月間総稼働時間×100
※小数点第3位以下は切捨て

  • ・CPIレンタルサーバー利用約款 : [ PDF (218KB)]
  • ・CloudCoreサービス利用約款: [ PDF (198KB)]

 CPIのサービスラインナップ

レンタルサーバー
共有レンタルサーバー シェアードプラン
マネージド専用サーバー マネージドプラン
専用サーバー(CloudCoreHybrid
root権限付専用サーバー ハイブリッドプラン

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.