資料請求

共用レンタルサーバー

シェアードプランお申し込み

運用停止せずにドメイン移管が可能 >

スパムメールチェック機能

スパムメールチェック
お客さまに送られてきたメールに対して、スパムメールの判定をおこないます。メール受信時にスパムメールをチェックし、スパムと判別されると自動的にメールに独自ヘッダを追加します。
スパムメールチェック機能では、世界中から収集された2,000万以上のIPアドレスに関して、メール送信数や所有者の企業情報などさまざまなパラメータで、送信元のIPアドレスを格付けし、的確なスパム判断をおこなっています。また、日本語を含む多くの言語でスパムメールを分析し、24時間365日体制でルールセットの作成や更新をおこなっており、新たなスパムメールへの対応も迅速です。

スパムメールに独自ヘッダーを追加

メール受信時にスパムメールチェックをサーバー上にて行い、スパムメールと判別されたメールのヘッダに「X-Spam-Status: Yes」という独自ヘッダーが追加されます。
ご利用中のメールソフトでヘッダに「X-Spam-Status: Yes」が入っているメールに振り分け設定を適応し、大事なメールがスパムメールに埋もれてしまうのを防ぎます。

スパムメール件名表示

スパムメールチェック機能では、スパムメールと判断されたメールのタイトルに [SPAM] という文字列を追加することもできます。この方法により、ヘッダ情報での振り分け設定に対応していないメールソフト(Outlook Express など)をお使いの場合も、タイトルの「[SPAM]」を抽出して振り分けすることが可能です。

  • ※件名に[SPAM]という文字列を追加するためには、コントロールパネルでの設定が必要となります。

ご注意ください

  • スパムメールチェック機能の仕様上、受信可能なメールのサイズは 100MB までとなります。MIME エンコード後のメッセージサイズが 100MB を超える容量のメールは受信ができません。
  • スパムメールチェック機能は CPI の DNS サーバーおよびメールサーバーをご利用中の方のみご利用いただけます。
  • スパムメールチェック機能で利用しているスパムメール定義ファイルは日々変化しておりますが、100%正確に判定するものではありません。

お申し込み後、10日間が無料。

シェアードプランお申し込み

お気軽にお問い合わせください

ご検討中のお客さま

新規ご契約をご検討中のお客さまはこちらからお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

新規お問い合わせフォーム

ご契約中のお客さま

操作方法、技術的なご相談、各種お手続きなど、
サービスをご利用中のお問い合せはこちらから

お問い合わせ
(サポートサイト)

重要なお知らせ新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大防止を目的とした当社 営業・サポート対応について

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.