サイトが悲鳴をあげしとき、その男は現れる。黒い鋼の連打とともに。彼の名は「パーフェクト・リボーン」

SEOライティングの鼓動

eye-img001

須原にある温泉旅館「みやび屋」。
若き女将が切り盛りするその旅館はWeb集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
やがて、その旅館にひとりの男が来訪する。
その男の名は「ボーン・片桐」。
39.9kgのノートPCを操るその男の目的とは一体何なのか・・・!?
今、みやび屋のWebライティングを巡る、戦士たちの激闘が始まる!

解き放たれたUSP

解き放たれたUSP

ボーンのアドバイスにより、新たな命を得た「みやび屋」のサイト。
しかし、そのアドバイスによって作られたコンテンツは、その真価を発揮できずにいた。
悩むサツキとムツミに、ボーンは「USP」の大切さを伝える。
「USP」とは一体何なのか・・・?
そして、ムツミの作ったコンテンツは息を吹き返すのか?
そのとき、みやび屋を見つめる怪しき存在が背後に迫っていた・・・!

リライトと推敲の狭間に

リライトと推敲の狭間に

みやび屋再生のために新しく生まれたUSP。
そのUSPのもと、ムツミは文章のリライトを行う。
しかし、その文章を読んだボーンの口から出たのは、厳しい言葉だった。
落胆するムツミに対して、ボーンはさらに言葉を投げかける。
「何かを“オススメ”するなら、その感情にふさわしい文章が必要だ」
ボーンの「エモーショナルライティング」がついにそのベールを脱ぐ!

愛と論理のオウンドメディア

愛と論理的思考のオウンドメディア

みやび屋に明るく響いたサツキの喜びの声。
それは、長らく集客に苦戦していたみやび屋の復活を示す声だった。
しかし、その一方、須原では老舗ホテルが次々と倒産の危機に瀕していた。
みやび屋の集客がうまくいっても、須原全体の観光が衰退していては意味がない。
そこでボーンが出した提案は「オウンドメディア」というものを立ち上げることだった。
Webメディアという戦場で、みやび屋の新たな闘いが始まろうとしていた・・・!

秩序なき引用、失われたオマージュ

オウンドメディアの記事アイデアを考えたサツキとムツミ。
ふたりのアイデアを聞いたボーンはある決断を下す。
その頃、みやび屋に向かう、ひとりの男の姿があった。
黒いベストを身にまとい、空港に降り立ったその男。
男の来訪はみやび屋にとって、どんな運命をもたらすのか・・・?
今、物語のインデックスはさらなる加速を遂げようとしていた!

嵐を呼ぶインタビュー

嵐を呼ぶインタビュー

Webディレクターとして成長した高橋のアイデアによって、オウンドメディア「みやび旅」は動き出した。
そんな中、高橋はWebライター集団「バズボンバー」の拠点へ足を踏み入れる。
高橋が考える計画とは一体何なのか?そして、バズボンバーは彼の呼びかけに応えてくれるのか?
その頃、サツキを狙うヤン・タオは、ある事実に気付く。
今、みやび屋を巡る物語は、さまざまな思いを巻き込み、クライマックスへと向かっていた・・・!

今、すべてを沈黙させる・・・!!

今、すべてを沈黙させる・・・!!

みやび屋が始めたオウンドメディア「みやび旅」は、ボーンたちの協力のもと、徐々に軌道に乗りつつあった。
そして、「みやび旅」をさらに加速させるべく、高橋は国内屈指のコンテンツ制作チーム「バズボンバー」とコンタクトをとる。
そんな中、みやび屋の元には、ある刺客の脅威が迫っていた。
みやび屋、そして、須原を巡る闘いは、最後の闘いへと歩みを進めようとしていた・・・!

ページの先頭へ