資料請求

DNSサーバーレンタル

  • トップ
  • ご利用料金

DNSサーバー

IPアドレスとドメイン名を結ぶDNSサーバーレンタル

マスター(プライマリ)とスレーブ(セカンダリ)の DNS サーバーを提供するサービスです。JP ドメイン、gTLD をはじめ、さまざまなドメインでご利用いただけます。

DNS サーバーとは

インターネットに接続されているサーバーは、IP アドレスと呼ばれる数字が割り当てられており、本来その数字によりアクセスするようになっています。しかしながら人間にとって数字の羅列は非常に覚えにくく、またあつかいにくいため、ドメインと呼ばれる英数字に置き換えることにより、ウェブやメールを利用できるようになっています。

DNS (Domain Name System) サーバーは、IP アドレスとドメインの割り当てを管理するサーバーです。このサーバーがなければ、ドメインを使ってウェブサイトにアクセスしたり、メールを使ったりすることはできませんので、非常に重要な役割を持つサーバーです。

通常私たちは DNS サーバーを意識することはありません。ウェブブラウザーに URL を入力すると、あとはコンピューターが自動的に DNS サーバーから対応する IP アドレスを取得し、目的のサーバーにアクセスしてくれるからです。

CPI レンタルサーバーをご利用のお客さまへ

CPI のマネージド専用サーバー マネージドプラン、共有レンタルサーバー シェアードプランをレンタルした場合は、ウェブサーバー、メールサーバー、DNS サーバーが含まれています。

DNS サーバーレンタルが『不要』なケース

ウェブサーバー、メールサーバーともに CPI を利用する場合は、別途 DNS サーバーレンタルのご契約は必要ありません。

DNS サーバーレンタルが『必要』なケース

お客さま任意のサーバー情報を設定する場合は、別途 DNS サーバーレンタルのご契約が必要です。
以下、DNS サーバーレンタルが必要ないくつかの例です。

メールサーバーのみ他社サーバーを利用する場合

ウェブサーバーのみ他社サーバーを利用する場合

サブドメインのみ他社サーバーを利用する場合

DNS サーバーレンタル サービス概要

正引きのみ、または正引き・逆引きに対応した DNS サーバーレンタルサービスを提供しています。DNS サーバーは、プライマリ、セカンダリの 2台構成です。

変更可能な DNS レコード

CPI の DNS サーバーレンタルで変更可能なレコードは下記の通りです。

A レコード ホスト名から IP アドレスを割り出すための情報を定義(正引き)
MX レコード ドメイン名からメールサーバーのホスト名を定義する
CNAME レコード A レコードで設定したホスト名とは別のホスト名を定義する
NS レコード ドメインの DNS サーバーや、サブドメインの DNS サーバーを定義
TXT レコード 用途に応じてドメインに関する任意のテキスト情報を記載する
PTR レコード IP アドレスからホスト名を割り出すための情報を定義(逆引き)

※上記一覧に記載していないレコードには対応しておりません。

ドメインについて

  • DNS サーバーレンタルサービスは、基本的にどのドメインでもご契約いただけるサービスです。他社で管理しているドメインについては、お客さまにてドメイン情報へ CPI の DNS サーバー名を登録してください。
  • DNS サーバーレンタルサービスにはドメイン管理サービスは含まれておりません。他社で取得されたドメインを CPI へ移管する場合は別途移管申請手続きが必要です。CPI で管理できるドメインは、JP ドメイン、gTLD です。gTLD であっても管理できない場合があります。
  • トップ
  • ご利用料金
お電話・メールでのお問い合わせ
CPIのサービスをご契約中のお客様
メールアドレス support@cpi.ad.jp
ビジネスパートナーご登録のお客様
メールアドレス partner@cpi.ad.jp

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.