資料請求

シェアードプラン ACE01 スタートアップガイド

ウェブサイトを管理する

ウェブサイトを管理するに便利な機能を紹介します。

WAF(Web アプリケーションファイアウォール)を利用する

WAF(Webアプリケーションファイアウォール) は、ウェブサイト改ざんやデータベース情報不正入手などのウェブアプリケーションの脆弱性を狙うサイバー攻撃を防御します。 WAF は従来のファイアウォールや不正侵入検知(IDS/ADS)では防御しきれなかった通信内容の検知・防御を可能にします。

ここではWAFのご利用方法について説明します。
詳細なご利用方法はオンラインヘルプをご確認願います。
http://acesr.document.secure.ne.jp/tools/waf/

サーバーご利用開始時の WAFの初期設定について

2015 年 9 月 29 日(火) 15 時以降にお申込みいただいた ACE01
主契約サーバー 公開サイト WAF 有効
テストサイト
マルチドメイン 公開サイト
テストサイト
2015 年 9 月 29 日(火) 15 時以前にお申込みいただいた ACE01
※2016 年 9 月 7 日(水)から提供開始
主契約サーバー 公開サイト WAF 無効
テストサイト
マルチドメイン 公開サイト
テストサイト

WAF はウェブコントロールパネルより、主契約サーバー、マルチドメイン、公開サイト、テストサイト毎に有効と無効を切り替えることができます。
※WAF を有効、または無効に切り替えると、数分後に設定が反映されます。

WAF ご利用時のトラブル発生時の対処方法

WAF を有効にすることにより、ウェブサイトが閲覧できなくなる場合があります。
WAF はウェブサイトへの様々は通信の中で不正と思われる通信を遮断します。
ウェブサーバーでご利用されているプログラムや CMS 、お客さま環境からのサーバーへのアクセス手法などによっては正常な通信であっても WAF により遮断される可能性があります。
その場合、【WAF を無効】にしてウェブサイトの表示、動作をご確認ください。
その後、WAF の検出ログの確認方法特定シグネチャの除外方法を参考にしていただき、 WAF を有効にした状態でウェブサイトの表示、動作するような設定をしてください。

バックアップを作成する

ここでは SmartRelease のバックアップ機能について説明します

SmartRelease でバックアップを作成

バックアップは最大 30 世代まで保存されます(テストサーバー/公開サーバーは最大で 30 世代、データベースは最大 10 世代)。バックアップデータのローテーション処理でデータが削除されないようにロックをかけておくこともできます。

バックアップは深夜帯に自動で行われるものと、手動で行うものがあります。
またバックアップデータを Zip 形式でダウンロードすることもできます。

下記の項目に 1 つでも該当する場合、 SmartRelease による公開サイトおよびテストサイトのバックアップは実行されませんので、ご注意ください。

  • ファイルの総数が 70,001 ファイル以上の場合
  • ファイルの総容量が 10GB 以上の場合
  • ディレクトリ構造が 41 階層以上の場合

関連するリンク

各種ログを確認する

ここでは、ログの確認方法を紹介します。

アクセスログ解析ツールを使ってログを確認する

ウェブコントロールパネルの「公開サイト用設定」にある「ログ管理」から様々なアクセスログ解析ツールを利用することができます。

サーバー上でログファイルを確認する

FTP でサーバーの「log」ディレクトリ内にアクセスすると、ログファイルを確認することができます。

関連するリンク

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.