資料請求

共用レンタルサーバー

WordPress

WordPress
商用でも無料で利用可能なオープンソースのブログツール
PHP で開発されたオープンソースのソフトで、各種機能を追加できるプラグインや、テンプレートとスタイルシートをセットにしたテーマがサードパーティから無料で提供されています。WYSIWYG によるエントリ編集も可能です。

シェアードプラン ACE01 が WordPress の運用に最適な理由

Poin1

アップデートのトラブルや作業ミスも自動バックアップで切り戻しが可能
CPI の共用型レンタルサーバーシェアードプラン ACE01 では、標準提供の SmartRelease 機能によってバックアップが毎日自動取得されているので、WordPress をアップデートして挙動やサイト表示に問題が生じてしまった時や、作業中に誤ってファイルを上書きしてしまった時でも、ボタンひとつですぐに復元できるので安心して開発作業に取り組めます。

Poin2

開発作業に使える便利なテスト環境
シェアードプラン ACE01 には、本番環境と同期されたテスト環境が提供されています。テスト環境を利用することで、プラグインのバージョンの相性、アップデートによる不具合の有無などを本番公開前に確認できます。また、本番環境のデーターをテスト環境にコピーできるので、テスト環境で本番環境の再現も簡単です。

Point3

サイトが多ければ多いほどコストの削減に
シェアードプラン ACE01 は月額 3,800 円(税別)*1の定額で、マルチドメイン、メールアドレス、サーバー容量、データベース設定数、これらすべてが使い放題。1契約のみで、お持ちのすべてのサイトを運用することができます。
*1 12ヶ月一括払いの場合

WordPress ユーザーの運用事例や Tips が満載の特設サイトを開設

特設サイトでは WordPress のヘビーユーザーの運用例や ACE01 での便利な使い方をご案内しています。

特設サイトへ

対象プラン

●=標準装備
シェアードプラン
ACE01 マルチドメイン
●(インストーラー付)

ご注意ください

  • すべての動作を保証するものではありません。
  • サポート対象外です。
  • インストーラーには Limit Login Attempts のプラグインが含まれています。

10日間無料お試し

お見積もり

  • お申し込み
お申し込みに迷ったら

サーバーのお引っ越しはすべてお任せください!今だけ特別価格!2018年4月20日18時まで

CPIのビジネスレンタルサーバー 機能強化・改善の取り組み

知らないと損をするサーバーの話

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.