資料請求

共用レンタルサーバー

スパムメールチェック機能

スパムメールチェック
全プランに標準装備されているスパムメールチェック機能は、高機能を誇るアイアンポートシステムズ社のスパムメールチェックシステムを利用しています。
このシステムは、世界中から収集された 2,000万以上の IP アドレスに関して、メール送信数や所有者の企業情報など様々なパラメータを元に、送信元の IP アドレスを独自に格付けし、的確なスパムの判断を行います。
また、日本語を含む多くの言語のスパムメールを分析し、24時間 365日体制でルールセットの作成・更新を行っているため、新たなスパムメールにも即時の対応が可能です。

スパムメールに独自ヘッダーを追加

メール受信時にスパムメールチェックをサーバー上にて行い、スパムメールと判別されたメールのヘッダに「X-Spam-Status: Yes」という独自ヘッダーが追加されます。
ご利用中のメールソフトでヘッダに「X-Spam-Status: Yes」が入っているメールに振り分け設定を適応し、大事なメールがスパムメールに埋もれてしまうのを防ぎます。

スパムメール件名表示

スパムメールチェック機能では、スパムメールと判断されたメールのタイトルに [SPAM] という文字列を追加することもできます。この方法により、ヘッダ情報での振り分け設定に対応していないメールソフト(Outlook Express など)をお使いの場合も、タイトルの「[SPAM]」を抽出して振り分けすることが可能です。

  • ※件名に[SPAM]という文字列を追加するためには、コントロールパネルでの設定が必要となります。

ご注意ください

  • スパムメールチェック機能の仕様上、受信可能なメールのサイズは 100MB までとなります。MIME エンコード後のメッセージサイズが 100MB を超える容量のメールは受信ができません。
  • スパムメールチェック機能は CPI の DNS サーバーおよびメールサーバーをご利用中の方のみご利用いただけます。
  • スパムメールチェック機能で利用しているスパムメール定義ファイルは日々変化しておりますが、100%正確に判定するものではありません。
  • お申し込み
お申し込みに迷ったら

サーバーのお引っ越しはすべてお任せください!今だけ特別価格!2018年4月20日18時まで

CPIのビジネスレンタルサーバー 機能強化・改善の取り組み

知らないと損をするサーバーの話

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.