資料請求

スケジュール管理をしたい(グループウェアを利用したい)

スケジュール管理をしたい(グループウェアを利用したい)

手書きでのスケジュール管理や、口頭での情報共有に不便を感じたらグループウェア(iQube+)が有効です。
グループウェアはスケジュール管理をメインにワークフローやドキュメント管理などオンライン上での情報共有にお役立ていただける機能が豊富に付帯しており、業務効率化を図りたい企業に人気の高いソフトウェアです。

こんな課題抱えていませんか?

  • 外出予定や来客予定が共有されておらず、度々トラブルになる。
  • 手書きでホワイトボードに予定を記入しており、不便を感じている。
  • スケジュール確認のため毎日朝礼が無駄に長引いてしまう。
グループウェア(iQube+)なら PC やスマートフォンから記入、ユーザー同士でいつでも共有できるため、スケジュール管理を効率化し、本来の業務により注力できます!ぜひご活用ください。

iQube+ とは

ownCloud

iQube+ とは
CPI で提供しているグループウェアの名称です。30 ユーザー、ディスク容量 3GB まで標準機能として提供しています。社内ノウハウの蓄積に特化した 15 機能を実装。情報が属人化しない働きやすい組織作りを促進します。
直感的に使えるユーザーインターフェースやスケジュール管理など情報蓄積に関しての機能で高い評価を得ています。

iQube+ の機能

スケジュール・設備予約
スケジュール帳を他のメンバーと共有し、全員の予定がすぐに把握できます。会議室など施設予約もブラウザーから簡単におこなえます。
タイムカード機能
タイムカードとは iQube+ 内で社内メンバーの出退勤情報を管理できる機能です。ユーザーの「出社」「退社」「外出」「戻り」の時間を打刻でき、通常の出退勤情報に加え、外出・戻りの時間も管理できます。
ワークフロー
社内の各種手続きも、決裁担当者へ iQube+ から直接申請が可能。各社員から決裁者までの連絡の負担を減らします。
共有フォルダ
社内に溜まったファイルをまとめて iQube+ 上で管理し、資料などの社内リソースを共有化できます。
画面を自由にカスタマイズ
iQube+ のホーム画面は、各ユーザーの利用に合わせカスタマイズが可能です。好きなガジェットを好きな場所に配置したり、表示項目数を変更したりすることが可能です。
情報共有
社内報(ブログポータル)や社内用 wiki を構築出来ます。情報を素早く共有することが可能です。

他社比較

機能名 iQube+ A社 B社
社内報  
スケジュール管理
(施設予約)
新着情報  
掲示板
アドレス帳
ワークフロー
電話メモ
タイムカード
共有フォルダ
ブックマーク  
報告書  
wiki    
グループシステム    
個別機能の ON/OFF    
情報アクセス制限    
日記    
アンケート    
全社ニュース配信    

iQube+ のメリット

適切な情報開示(閲覧制限)と最新情報の共有が可能

組織内で情報を共有する際に各グループやユーザーごとに開示先を制限したいという場合に、無料グループウェアでは対応できない場合があります。 iQube+ ではグループごとに文書を管理し、文書が閲覧可能なユーザーを設定できるので、適切な情報を必要な人にのみ共有することができます。文書上の情報をつねに最新の物に書き換えたり、管理者は閲覧者数やユーザーのコメントを確認し、閲覧されたことを確認することが可能です。営業日報や社内報としても利用できます。

スケジュール機能でプロジェクトの進捗管理が可能。

個人や組織のタスク管理やレポートなど情報が散在すると管理が煩雑になります。 iQube+ ではスケジュール、レポート、ToDo リストとの連携が可能なためプロジェクトの進捗をスケジュール上で一括管理することができます。グループウェアを導入しても機能が多すぎてユーザーが利用しなくなってしまうこともありますが、iQube+ なら複数機能をスケジュール上で完結させることにより、グループウェアの利用促進を図ることにもつながります。

いつでもどこでも最新情報を共有できる

会社内にある文書や情報を社外から参照できない、稟議書の決済スピードが遅いなど、本来注力したい業務以外の問題が発生することがあります。 iQube+ ではスマートフォン用画面を利用でき、iCal 連携で iPhone に搭載されているカレンダーアプリや Google カレンダーとの同期も可能なため、社外からの利用にも適しています。情報へアクセスしやすく、たとえば外回りの多い営業部内の効率を上げることもできます。

CPI で使うとこんなにお得!!

ユーザー数 30 ユーザーまで無料!ウェブもメールもグループウェアも CPI ならまとめて利用できます!

CPI のシェアードプラン、マネージドプランをご契約いただくと標準で 30 ユーザー ID までご利用になれます。
サーバー費用に含まれているため、グループウェアにかかるコストを抑えることができます。

無料でお試し可能!

シェアードプランでは 10 日間の「無料お試しサービス」をご用意しております。もちろん iQube+ もお試しいただけます。
10 日以内にご入金いただければ、無料期間中に設定された iQube+ をそのまま継続利用することも可能です。

ユーザーも容量も追加できる!

組織の成長に合わせてユーザー数や容量が足りなくなった場合は有償にて追加が可能です。
最大で 300 ユーザー ID、容量 400GB までと幅広くご活用いただけます。

インストールも簡単!

コントロールパネルにインストール機能をご用意しておりますので、どなたさまでも簡単にご利用いただけます。

(1)豊富な機能(2)標準装備(3)楽々導入

FAQ

iQube+ は契約サーバーと同居していますか?
iQube+ は別サーバー環境でご利用いただけます。別途サーバー契約は必要ありません。
利用マニュアルはありますか?
ウェブ上でご確認いただけるオンラインヘルプやマニュアルをご用意しております。
サイボウズや他のグループウェアからの移行は可能ですか?
恐れ入りますが、他のグループウェアのデータのインポート等を承ることはできません。
iQube+ の容量は契約サーバーと同じですか?
iQube+ の容量はご契約サーバーの容量とは別途となります。標準で 3GB までのご利用が可能です。容量追加はオプションにてご用意しております。
アカウント数を 80ID 利用したい場合はどのオプションを契約すればよいですか?
100 ユーザー ID のオプションをご契約ください。標準の 30 ユーザーに 70 ユーザー追加でご利用になれます。
リマインダー機能はありますか?
自分に関係する、新着スケジュール、電話メモ、メッセージ、タスク、ワークフロー、報告書、社内報が更新された場合などにメールで通知することができます。
承認・決裁者へのメール通知は可能でしょうか?
通知設定をおこなうことで可能です。
ワークフローデータを csv などでデータとして取り出すことはできますか?
ワークフローテンプレートのみであればデータエクスポート機能をご利用になれます。
契約サーバーのプラン変更をおこなっても継続利用できますか?
「プラン変更」のお手続きをいただればご契約サーバープランが変更されても iQube+ は継続してご利用になれます。再設定の必要はございません。

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.