資料請求

NEWS

バックナンバー
月別アーカイブ

SSL3.0 無効化メンテナンスのお知らせ

16.01.21

平素は CPI レンタルサーバーをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度弊社では、セキュリティ強化を目的として、暗号化通信時に使われるプロトコルのバージョン「SSL3.0」および暗号方式「RC4」に脆弱性が存在するため、無効化することを決定いたしました。

これまで多くのお客さまより、特に「SSL3.0」の脆弱性に関するお問い合わせを頂戴しておりましたが、無効化することにより、正常に暗号化通信をご利用できなくなる場合がございましたため、慎重に検討して参りました。
今回、各クライアントソフトの対応状況や安全面を考慮し、またお客さまへの影響は少ないと判断し、無効化いたします。

実施期間 2016 年 2 月 15 日(月)〜3 月 15 日(火) 順次実施
実施内容 SSL3.0 および RC4 の無効化
対象プラン シェアードプラン(HostingEngine 含む)、ストアカートプラン、マネージドプラン
対象の通信方式 HTTPS、POP / SMTP / IMAPoverSSL、FTPoverSSL
上記以外の通信には影響はございません。
影響 「SSL3.0」のみ有効であるクライアントソフト(ブラウザ、メール、FTP)や一部の携帯電話では、メンテナンス後、正常にご利用できなくなる場合がございます。

お使いのクライアントソフト(ブラウザ、メール、FTP)で「SSL3.0」の上位プロトコルである「TLS 1.0」を有効にしていただくことで正常にご利用になれます。
なお、多くのクライアントソフト(ブラウザ、メール、FTP)では、最新版にバージョンアップしていただくことで、「SSL3.0」が無効、 「TLS 1.0」が有効になります。
ただし、一部の携帯電話では「TLS 1.0」自体に対応していない場合がございます。

今後もさらに快適なサービスの提供を目指してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

お気軽にお問い合わせください

ご検討中のお客さま

新規ご契約をご検討中のお客さまはこちらからお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

新規お問い合わせフォーム

ご契約中のお客さま

操作方法、技術的なご相談、各種お手続きなど、
サービスをご利用中のお問い合せはこちらから

お問い合わせ
(サポートサイト)

重要なお知らせ新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大防止を目的とした当社 営業・サポート対応について

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.