資料請求

NEWS

バックナンバー
月別アーカイブ

WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)の機能強化のお知らせ

16.03.03

平素は CPI レンタルサーバーをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2016 年 3 月 3 日、レンタルサーバー「シェアードプラン」の ACE01_2015※1※2、および専用サーバー「マネージドプラン」のCHM-S、CHM-Zシリーズ※3でご提供しております WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)※4にて、.htaccess を使用した攻撃検知の除外設定対象として、従来の「シグネチャ」「ファイル名」「クエリ」に加え、「IP アドレス」での除外設定が可能になりました。

弊社で提供中の WAF は、一部の CMS の管理画面に対する誤検知を防ぐため、あらかじめ管理画面 URL に対して攻撃検知の除外設定をしております。
しかし、近年急増する管理画面への攻撃対策として、管理画面のデフォルト URL を変更するケースが増えており、そのために攻撃検知の除外設定がはずれ、管理画面操作中の誤検知が発生するケースが増えてまいりました。
今回導入する「IP アドレス」での除外設定により、アクセス元拠点の IP アドレスを、管理画面に対して検知の除外設定することで、誤検知をなくす事が可能になりました。

  • ※1 ACE01_2015 は、2015 年 9 月 29 日 15 時以降にお申し込みの ACE01です。
  • ※2 ACE01_2015 では WAF を標準提供しております。
  • ※3 CHM-S、CHM-Z シリーズでは WAF をオプション提供しております。
  • ※4 当社で提供中の WAF は、株式会社ジェイピー・セキュアが提供する「SiteGuard Lite」を採用しております。
提供開始日 2016 年 3 月 3 日(木)
対象プラン
  • ACE01_2015※1
  • CHM-Z
  • CHM-S
提供内容 .htaccess を使用した攻撃検知の除外設定対象に「IP アドレス」での除外設定を可能にしました。
ご利用方法 .htaccess に「IP アドレス」での除外設定を記述してください。詳細はオンラインヘルプをご確認ください。

CPI では、今後も機能の充実に努め、お客さまにより満足してご利用いただけるサービスの提供を目指してまいります。

お気軽にお問い合わせください

ご検討中のお客さま

新規ご契約をご検討中のお客さまはこちらからお問い合わせください。担当者よりご連絡させていただきます。

新規お問い合わせフォーム

ご契約中のお客さま

操作方法、技術的なご相談、各種お手続きなど、
サービスをご利用中のお問い合せはこちらから

お問い合わせ
(サポートサイト)

重要なお知らせ新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大防止を目的とした当社 営業・サポート対応について

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.