資料請求

ECサイト・ウェブサイト高負荷対策!!ロードバランサーキャンペーン L4ロードバランサー初期費用半額 お申し込み期間:2017 年12 月 28 日(木)18:00まで

Yahoo!ニュース掲載や LINE などのプッシュ配信直後のアクセス集中にも対応可能な強力な高速通信回線に加え、超高速 SSD を搭載した物理サーバーとの組み合わせで、お客さまのウェブサイト運営を支援するキャンペーンを実施いたします。

高スペックなサーバー導入をご検討中のお客さまは、この機会にぜひお試しください。

キャンペーン期間中のお申し込みならこんなにお得!

マネージド専用サーバー CHM-Z シリーズはサーバー管理不要で
アクセス集中による EC サイト・ウェブサイト高負荷対策に効果的!

マネージド専用サーバー CHM-11Z 2 台 + L4 ロードバランサー構成の場合

L4 ロードバランサー
初期費用 30,000 円(税別)15,000 円(税別)
月額費用 12ヵ月ご契約 36,000 円(税別)
1ヵ月ご契約 38,000 円(税別)

※12 ヶ月契約一括支払い
※L4 ロードバランサーを利用いただく場合、専用ファイアウォールとサーバー 2 台以上の利用が必要です

  • [専用サーバー受付専用電話] 03-6371-1911
  • お問い合わせフォーム

L4 ロードバランサーの仕組み

※対応プロトコル:「HTTP」「HTTPS」「SMTP」「POP3」
※本サービスのご利用には、別途 専用ファイアウォール のお申し込みが必要です。

アクティブ/スタンバイ

アクティブ/スタンバイの構成で、通常時のアクセスはアクティブサーバーに振り分け、アクティブサーバーに障害が発生した場合は、ロードバランサーが障害を検知し、自動的にスタンバイサーバーへアクセスを振り分ける冗長化構成が可能です。
EC サイトなどを運用する場合も、セッション維持を考慮する必要がなく、アクセス解析やメンテナンス時の切り替えも可能です。

ラウンドロビン

インターネットからのアクセスをロードバランサーが均等に振り分けるため、高トラフィックサイトに最適な構成です。
振り分け先のサーバースペックが同等で、処理時間のばらつきが少ない静的コンテンツなどの運用に適しています。

重み付けラウンドロビン

振り分け先のサーバースペックが異なる場合や、特定のサーバーでデータベースやメールサーバーを運用されているなど、サーバーごとに負荷状況が異なる場合、ロードバランサーで相当の重み付けを指定してトラフィックを分散することが可能です。
サーバースペックの差が大きく、各サーバーで負荷状況が異なる運用に適しています。

構成例

Yahoo!ニュース掲載や LINE などのプッシュ配信直後の急速な高トラフィックにも対応可能です。
また、万が一のサーバー障害時には、ロードバランサーが稼働中の別サーバーへアクセスを振り分けサービス断を回避します。

可用性の向上とサービス遅延のないサーバー環境を確保し、アクセス集中によるサービス品質低下を防ぐサーバー構成です。

  • [専用サーバー受付専用電話] 03-6371-1911
  • お問い合わせフォーム

実際に複数台構成をご利用いただいているお客さまの声

ロードバランサーキャンペーン内容詳細
キャンペーン内容 L4 ロードバランサー初期費用半額
キャンペーン期間 2017 年 12 月 28 日(木)18 時 お申し込み分まで
対象プラン
適用対象・条件
  • 専用サーバー(CHM-Z/CHP-S)新規お申し込みの方対象。
  • 契約期間が 12 ヶ月一括支払、12 ヶ月契約毎月支払のみ。
注意事項
キャンペーンお申し込み方法 お問い合わせフォーム」もしくは「専用サーバー受付電話(03-6371-1911)」よりお問い合わせください。
お電話・メールでのお問い合わせ
新規ご契約をご検討中のお客様
ご検討中のお客様 お問い合わせフォーム
CPIのサービスをご契約中のお客様
メールアドレス support@cpi.ad.jp
ビジネスパートナーご登録のお客様
メールアドレス partner@cpi.ad.jp

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.