資料請求

共用レンタルサーバー

CPI SSLサーバー証明書

CPI SSL サーバー証明書
CPI ブランドのサーバー証明書を取得することにより、安価に独自ドメインを使って SSL を使用することができます。
実在証明書 ×
取得可能区分 法人・個人事業主・個人

CPI SSL サーバー証明書 取得資格・必要書類

取得資格

  • 法人、個人、個人事業主

必要書類

  • 特になし

料金

シェアードプラン ACE01

初年度
37,000 円(税別)

※有料オプション

初年度内訳
申請費 12,000 円(税別)
取得代行および設定費用 25,000 円(税別)
更新費(年単位)
37,000 円(税別)

※有料オプション

更新費内訳
更新費 12,000 円(税別)
取得代行および設定費用 25,000 円(税別)
  • 上記金額は年間あたりの費用となります。
  • 上記金額は、予告なく変更する場合がございます。

対象プラン

●=標準装備、△=有料オプション、─=ご利用いただけません
シェアードプラン
ACE01 マルチドメイン

ご注意ください

  • シェアードプラン Z、ZZ シリーズのマルチドメインではご利用いただけません(ACE シリーズではご利用いただけます)。
  • マネージドプラン CHM-01Z, CHM-02Z, CHM-03Z では専用サーバー 1台につき 1サイト分の CPI SSL サーバー証明書が無料にてご利用いただけます。
  • SSL サーバー証明書は、CPI のサーバーをご契約されたお客さまのみご利用可能なサービスです。
  • SSL サーバー証明書が標準装備されているプランをご利用の場合、またはサーバーと同時に SSL サーバー証明書を注文された場合は、サーバーのご利用開始後、マイページにログインし、ご契約一覧からオプションを追加するご契約を選択し、「オプション申し込み」よりお申し込みください。
  • SSL サーバー証明書はサーバー内に生成されます。そのため他社にて運用されていた SSL サーバー証明書及び、お客さま自身でご取得いただきました SSL サーバー証明書は弊社にてご利用いただくことができません。予めご了承ください。
  • 各種 SSL サーバー証明書取得後、ご契約者名変更などのご登録情報変更は SSL サーバー証明書の再発行の費用が必要になります。その場合は、SSL サーバー証明書が標準装備のプランをご契約中であっても有料オプション扱いになります。予めご了承ください。
  • 携帯電話での SSL サーバー証明書で保護されたウェブページの閲覧には、各携帯電話が使用している SSL サーバー証明書に対応している必要があります。各機種に対応していない SSL サーバー証明書の場合、携帯端末での正常利用ができません。
  • 対応の状況については、携帯電話の機種やブラウザのバージョンなどに依存しますので、各端末のメーカーへご確認ください。
  • 端末メーカーに CPI SSL のルート証明を求められた際は、「Security Communication RootCA2」をお伝えください。
  • 共用 SSL は携帯サイトでは利用できませんのであらかじめご了承くださいますようお願いいたします。(ただし、ストアカートプランを除く)
  • SSL サーバー証明書の設定についてはお支払い確認後(標準装備でのお申し込みの場合はご申請日の翌日)の設定開始となります。設定開始日および設定希望日についての指定はできません。
  • SSL サーバー証明書の有効期限は発行日より 365 日となりますため、サーバー契約期間とは異なります。
  • 2015 年 5 月 20 日以降に申請を開始した SSL サーバー証明書は、新規 / 更新共に SHA-2 方式で発行されます。SHA-2 の詳細はこちら
  • 日本語ドメインでは SSL サーバー証明書をご利用いただくことができません。
  • お申し込み
お申し込みに迷ったら

ACE01_2011 をご利用中のお客さまへアップグレードのお知らせ

WordPress,MovableType,a-blog cms,concrete5 CMSサイトを運用するなら CPI!「運用が超ラクな理由とは?」

サーバー移転のご案内

知らないと損をするサーバーの話

ページトップに戻る

CPI

copyright KDDI Web Communications inc. All Rights Reserved.